桃園の誓いが公園の誓いに?三国志の名場面が妖怪三国志ではこうなる!

「妖怪三国志」では、実際の三国志で描かれている名場面も登場します。コロコロコミック4月号に付属の妖怪タイムスでは4つの名場面が紹介されていました。
それぞれどんな名場面か?さらに「妖怪三国志」ではどう表現されるのか予想してみました。

桃園の誓い

まずは、「桃園の誓い」です。桃園の誓いとは、劉備の名前が世間にほとんど知られていない頃、関羽、張飛と交わした義兄弟の契りです。劉備を長男、関羽を次男、張飛を三男として、生死を共にする誓いを結びました。張飛の屋敷の桃園で行われたことから、桃園の誓いといいます。

妖怪三国志では「公園の誓い」?

公園の近い

出典: コロコロコミック2016年4月号

本作ではそれぞれ、「ジバニャン劉備」「ブリー隊長関羽」「メラメライオン張飛」として登場します。コロコロコミック4月号に付属の妖怪三国タイムスでは公園の誓いとしてさんかく公園で、誓い合う場面が描かれています。

 

[PR]

三顧の礼

続いては「三顧の礼」です。諸葛亮孔明の頭の良さを聞きつけた劉備が、なんとかして味方になってもらおうと取った行動です。40代の劉備が20代の若者の家を何度も訪れて迎え入れたことから、目上の人が立場の低い人を礼を尽くして迎え入れる言葉として現在でも使われています。

妖怪三国志ではこうなる?

7a37cbde1067d2a961bd10355627b4ec.png

出典: コロコロコミック2016年4月号

本作ではそれぞれ、「ジバニャン劉備」「ウィスパー孔明」として登場します。原作ではジバニャンがウィスパーを敬うような関係性は見られませんが、本作ではいつもと違う関係が見られるのかもしれませんね。

赤壁の戦い

続いては「赤壁の戦い」です。強大な戦力を誇る曹操の魏に対して、孫堅の呉と劉備の蜀が協力して戦い勝利を収めました。呉の周瑜、蜀の孔明の両軍師が智謀を巡らせて巨大な戦力に対抗したこの戦いは、三国志上で最も有名な戦いです。

妖怪三国志ではこうなる?

d237c057d601dd59d1fac35b36f1ab27.png

出典: コロコロコミック2016年4月号

本作ではそれぞれ、「オロチ周瑜」「ウィスパー孔明」として登場します。妖怪ウォッチではどちらも高い能力をもつ妖怪ですが、赤壁の戦いではこの2人の活躍が見られるのでしょうか。

五丈原の戦い

最後は「五丈原の戦い」です。劉備亡き後の蜀を率いた孔明と、魏の仲達の両軍師の知力比べが繰り広げられた戦いです。最後の戦いの最中に孔明が病死し蜀は撤退しますが、仲達はこれも孔明の戦略ではないかと疑い、追い打ちをかけなかったと言われています。

妖怪三国志ではこうなる?

7846efce23f3149aaad27c1319a6d04d.png

出典: コロコロコミック2016年4月号

本作ではそれぞれ、「ウィスパー孔明」「USAピョン仲達」として登場します。このイベントに遭遇したとき、自陣にウィスパー孔明がいた場合はどうなってしまうのか気になるところです。

 

「妖怪三国志」にも登場する、三国志の名場面を解説しました。ほかにはどんな場面が登場するのか気になりますね。

さらに詳しい情報はコロコロコミック4月号の妖怪タイムスで確認しましょう!